薄茶と濃茶の違いとは?飲み方もご紹介!

茶道

一般的に茶道(茶会など)で抹茶をいただくというと表面が泡だっているものをイメージすることが多いと思います。これは「薄茶」というのですが、他にも「濃茶」というものがあります。今回は2つの違いを飲み方などもふくめて簡単にご紹介します!


見た目

薄茶(うすちゃ)

下の写真が薄茶うすちゃです。抹茶を茶筅ちゃせんでシャカシャカして表面を泡立てたものです。茶道で抹茶をいただくというとこれをイメージする方が多いと思います。美術館等の庭園でお菓子と一緒に飲食できる場所もありますね。

濃茶(こいちゃ)

次に下の写真が濃茶こいちゃです。「濃」い「茶」という字の通り薄茶よりも抹茶を多く使います。入れるお湯も少ないので非常にどろりとしています。茶碗をかたむけてもしばらくしないと抹茶がおりてこないほどです。

抹茶やお湯の量

濃茶は薄茶の倍以上入れますが、お湯は薄茶よりも少なくします。

 抹茶の量  お湯の量 
 薄茶  約2g 
 (茶杓1杯半) 
 約60㎖ 
 濃茶  約4g 
 (茶杓3杯) 
 約40㎖ 

左が薄茶の抹茶、右が濃茶の抹茶の量です。明らかに右側が多いです。これは一人分の量になります。

茶葉の種類

濃茶は、茶事に使われる正式なものです。格式高いもの、上質なものを使う必要があります。例えば、小山園こやまえんの「千里せんりの昔」は、当代お家元の御好おこのみ(指示をして作らせたの意味)の濃茶です。抹茶は、缶を開けた後は、ご自宅にあるタッパ等に入れて冷蔵庫で保管できます。


濃茶の茶葉には「昔」が最後につきます。薄茶には「白」がつきます。例えば小山園こやまえんでいえば、濃茶の「千里せんりの昔」、薄茶の「悠和ゆうわの白」などがあります。

購入するときは、下のように薄茶と濃茶がセットになっているものもおすすめです。これは上林春松(かんばやししゅんしょう)本店製の抹茶になります。コーヒーや紅茶などと同じで茶葉によって少しずつ味わいが違います。


飲み方

薄茶

一人一つの茶碗で抹茶をいただきます。茶碗は、亭主ていしゅ(抹茶をててくれる人)がお好みで選ぶことができます。季節の植物や行事の様子が描かれたものなどはとても見ていて楽しいものです。飲み方の流れは以下の通りです。

  1. 茶碗を時計の3があるところを右手で取る。
  2. 茶碗の底を左手で支える。
  3. 両手で持った茶碗を少し前に突き出しつつ、声に出さず「いただきます。」と感謝する。
  4. 茶碗の正面が自分に向いているため、遠慮する意味も込めて、時計回りに少し茶碗をまわす
  5. 3口ほどで飲みきる。飲みきるときは「ズッ」と音をたてて飲む。
  6. 口をつけたところを人差し指と親指で軽くふく。
  7. 指は懐紙やティッシュなどで汚れをさっとふき取る。
  8. 飲む前に茶碗をまわしたので、今度は反時計回りにまわして正面が自分に向くようにする。

濃茶

濃茶は一つの茶碗で2~5人が少しずつ飲んでいく「まわしのみ」をします。この「まわしのみ」を「順服(じゅんぷく)」といいます。ただ、ご時世によっては薄茶と同じく一人一つの茶碗で飲む「各服点(かくふくだて)」という方法でいただく場合もあります。下の流れは、基本の順服での飲み方です。

  1. 最初の人の前に茶碗が来たら、飲む人たちで一斉に礼をします。
  2. 茶碗を時計の3があるところを右手で取る。
  3. 茶碗の底を左手で支える。
  4. 両手で持った茶碗を少し前に突き出しつつ、声にださず「いただきます。」と感謝する。
  5. 茶碗の正面が自分に向いているため、遠慮する意味を込めて、時計回りに少し茶碗をまわす。
  6. 基本的に3口半だけいただく。人数によって飲む量を変える必要があります。
  7. 小茶巾こぢゃきん(事前に濡らして持っておく)で飲んだところをきれいにする。
  8. 次の方へ茶碗を渡す。
  9. 渡した後すぐに無言で「ありがとうございました。」の意味を込めて礼をする。

最後に

写真などから薄茶と濃茶の違いを考えるときの参考になればと思います。お読みいただきありがとうございました。

茶道
シロをフォローする
鶯 宿 梅(おうしゅくばい)

コメント