立礼 点茶盤 炭手前 初炭手前編

点茶盤 茶道
記事内に広告が含まれています。
妻 シロ
妻 シロ

点茶盤炭手前、初炭手前を紹介するよ!

夫 ブルー
夫 ブルー

てんちゃばん・・・?すみ?

点茶盤は、立礼の一種で、「炭手前の初炭」「炭手前の後炭」「薄茶」「濃茶」の四つのお点前ができます。

今回は、四つのうちで最初に行う手前をご紹介します。

今回の記事でわかること
  • 点茶盤炭手前の初炭の準備
  • 点茶盤炭手前の初炭の流れ

立礼の種類については、下の記事でご紹介しています。

立礼の手前について不安になることはありませんか?

不安なときは、裏千家茶道の教則本で復習しておくのがおすすめです。

全ページカラー写真付きなので、とてもわかりやすいですよ。

楽天ブックス
¥2,200 (2024/05/17 18:14時点 | 楽天市場調べ)

点茶盤炭手前 初炭手前の準備

点茶盤の上に準備するもの】

  • 風炉釜
  • 水指
  • 杓立
  • 蓋置
  • 建水
  • 中棚に炭斗に初炭を組んで荘る

まずは、点茶盤の勝手付の方に風炉を置き、釜蓋を向こうに切ります。

中央あたりに杓立(飾火箸・差通しの柄杓)杓立ての前に蓋置を仕組んだ建水をおきます。

客付に水指を置き、中棚に仕組んだ炭斗を荘ります。

道具の置き合わせ

  • 踏込畳で一礼
  • 水屋に戻って紙釜敷を懐中してもう一度点茶盤の前へ
  • 客付きから入って円椅に座る
  • 中棚の炭斗を両手で取り、水指前に置く
  • 円椅の後ろへまわり、風炉前に円椅を置き直す
  • あらためて座る
  • 右手で羽箒を取り、炭斗の前に斜めに置く
  • 香合を扱って風炉の左手前に置く
  • 杓立から火箸をぬく
  • 火箸は、建水の左側を通る
  • 体の正面で扱い、持ち直した後、炭斗に入れる
  • 帛紗をさばいて釜の蓋を閉め、帛紗を腰につける

初掃き

  • 鐶を右手で取って釜にかける
  • 紙釜敷を取り出し、左手に持ち直しす
  • 勝手付に斜めに置き、その上に釜を下ろす
  • 鐶をはずして重ね、釜の左横に置く(点茶盤の左角のあたり)
  • 初掃きして、羽箒を元のところへ戻す
  • 初掃きは、左→右→手前→風炉の手前のくぼみ

立礼の手前について不安になることはありませんか?

不安なときは、裏千家茶道の教則本で復習しておくのがおすすめです。

全ページカラー写真付きなので、とてもわかりやすいですよ。

楽天ブックス
¥2,200 (2024/05/17 18:14時点 | 楽天市場調べ)

炭をつぐ・香をたく

  • 火箸を扱って、胴炭から順に炭をつぐ
  • 火箸を炭斗に戻し、後掃きする
  • 羽箒を炭斗に戻し、香合を取って蓋を開ける
  • 火箸を扱って、香を(二枚)たく
  • 火箸は扱って炭斗に戻し、香合の蓋を閉める
  • 拝見所望を受ける
  • 客付きにまわって、香合を喫架へ出す
  • 半東は、香合を正客に取りつぐ

釜を風炉にかけ、道具を水屋へさげる

  • 居前に戻る
  • 鐶を釜にかけ、初めに下ろしたところまで引き寄せる
  • 釜を風炉にかける
  • 鐶は釜にかけたまま、紙釜敷を取る
  • 炭斗の上で塵打ちをし、懐中する
  • 鐶をはずして、重ねて炭斗に入れる
  • 羽箒で釜の蓋を掃き、炭斗に戻す
  • 火箸を取って左へ渡す
  • 右手で羽箒を取る
  • 炭斗の上で火箸を二度掃く
  • 打ち返してもう一度掃き、羽箒を炭斗へ戻す
  • 火箸を杓立に戻す
  • 帛紗をさばいて釜の蓋を切り、帛紗を腰につける
  • 円椅を元の位置に戻す
  • 炭斗を持って、客付きに向く
  • 水屋へ下がる

香合拝見問答

  • 正客の拝見が終わったら、半東が香合を喫架へ戻す
  • 香合が戻ったところで、香合の正面に座る
  • 正客からの問いに答える
  • 香合を持って、水屋にさがる
  • 改めて席に入って、茶道口で一礼してさがる

おわりに

今回の記事では、点茶盤炭手前の初炭手前の準備や流れについて紹介しました。

炭のつぎ方や羽箒の使い方などは、何度も繰りかえしお稽古しないと難しいですよね。

何かの参考になれば幸いです。

立礼の手前について不安になることはありませんか?

不安なときは、裏千家茶道の教則本で復習しておくのがおすすめです。

全ページカラー写真付きなので、とてもわかりやすいですよ。

楽天ブックス
¥2,200 (2024/05/17 18:14時点 | 楽天市場調べ)

コメント